ジャズダンス・ヒップホップインスタグラム

ジャズダンス・ヒップホップインスタグラム

2013年3月4日月曜日

聴導犬

日曜日、地元に聴導犬協会支部があり、手話サークル、ろう協会で行ってきました♪

「みかん」(TVにも出ました!)という聴導犬のユーザ-さんや協会の本部担当の方も来て下さっていました(^O^)

昔に比べ耳の代わりになる器械(ドアフォンやFax着信音代わりのパトライト)は色々開発されていますが、まだまだ不便に感じる聴覚障害者はいます(´Д`)

そこで犬に音を聞き分けたり、報せるだけなのか、報せて誘導するのかを判断させる訓練をするのです

実際に、報せたり誘導させたりする状態を見せてもらいました(みかんちゃんは5年前に亡くなったので2匹目のシンちゃんで)

マァ、賢いこと(☆_☆)

誰かが椅子から立つ時にガタンとした音等も、問題がなければ報せないという状況判断もします(^O)=3

全ての音を報らせていたら、パニック??(゜Q。)??になりますよね

聴こえる私達は、自然に必要性を感じ取っているのです
たまには、都合の良い?耳もありますが…\(^^:;)

盲導犬は大きな犬が多いですが、聴導犬はチワワでもシーズーでも、ユーザ-さんと相性が良ければ良いとの事でした( ^^)Y☆Y(^^ )

今、日本では運営費の殆どは寄付によるそうです

まだまだ知らない世界がありますね(@_@)
国頭

2 件のコメント:

  1. 盲導犬ならぬ聴導犬っているんですねえ。
    従順で賢くて 頼もしい立派なワンちゃんたち。

    育てるユーザーさんたちの愛情と我慢強い訓練があるからこそ!

    我が家の ワンちゃんも 音には確かに敏感だけど
    わんわん と吠えるだけで それ以上はぜったい無理。

    でも ♡心 ♡ 癒されます。真っ直ぐな面持ち
    たまらなーくいいんです。
    U^ェ^U わんわん

    返信削除
    返信
    1. コメント、ありがとうございました♪
      音なしでフラ~と倒れた場合なども、異変を察知して知らせにいくのだそうです。家族と同じ、強い絆があるからでしょうね。

      国頭

      削除